HOME > スタッフブログ

2019年10月 7日 新人研修を行っています

シルバーピア加賀では、新入職員を対象とした研修「新人研修」を定期的に開催しています。テーマは、介護・看護、リハビリ・栄養、理念・施設方針、事務・相談業務など、多岐にわたります。

去る9月26日に、「新人研修(理念・施設方針)」を開催しました。今回は、その様子を少しご紹介します。

新人職員の方々は、初めはどんな内容なのか?難しいお話なのでは?と不安も入り混じった様子でしたが、今回の講師である施設長からのお菓子の差し入れで、すぐに和やかなムードに。

研修はまず、公益財団法人愛世会の成り立ちや歴史、法人の理念「誠をもって人と世を愛す」の解説などから始まりました。普段、業務をしているだけでは聞けないことが多く、皆さん興味を持ってお話を聞いておりました。


次に、わが施設、介護老人保健施設シルバーピア加賀にまつわるお話しです。

施設の理念である「家族のふれあいそのままに」の、施設長によるアツい解釈の説明から始まり、身が引き締まる思いです。

当施設の入所部門は4フロアで構成されており、各フロアの特色や役割、医療系のお話、フロアのこぼれ話や小粋なジョークも飛び交いとても盛り上がりました。


ラストは、「リテラシー」と「成長マインド」についての啓発的な内容で締めくくり、終わる頃には心なしか新入職員の顔つきが凛々しくなっているような印象です。

皆、これからの仕事により前向きに取り組めるのではないでしょうか!!




2019年 9月17日 自然の宝庫

シルバーピア加賀は、自然の宝庫。春夏秋冬、様々な植物や動物、昆虫などが観察できます。

職員によっては、蛇を見たものやハクビシンを見たものもいるとかいないとか!

今回の写真はこれ。トカゲとアゲハ蝶の幼虫をご紹介します。

トカゲはまだ子供ですかね?小さくてかわいいですね。

アゲハ蝶の幼虫はこれからサナギ、成虫と育ち青空に羽ばたいていくと思います。

皆さんも機会があったら、シルバーピア加賀の敷地で生き物を探してみてください。

思いがけない生き物に出会えるかもしれませんよ。




2019年 8月24日 第22回シルバーピア加賀祭りを開催しました

第22回 シルバーピア加賀祭り(納涼祭)を開催しました。


今回も、レクリエーションや作業療法の一環として、装飾をご利用者様に職員と一緒に制作していただくなどし、シルバーピア加賀全体で作り上げた、手作りのお祭りです。

喫茶コーナー 露店コーナー ゲームコーナー

ボランティアの皆様、近隣の自治会の皆様、民生児童委員協議会の皆様など、沢山のご協力をいただき、盛大に開催することができました。ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

吹奏楽 HONEYBEES

盆踊り 盆踊り 芳寿会、夢一門 懐かしの映像

また、板橋第五中学校吹奏楽部の皆様、盆踊りの芳寿会の皆様、組太鼓の夢一門の皆様、東京家政大学チアリーディング部HONEY BEESの皆様、懐かしの映像の角尾様など、多くのボランティアグループの皆様に、とても豪華で素敵なステージを魅せて頂きました。

ソーラン節(有志スタッフ) 〆の花火 ぴあ祭り実行委員会

来年も多くの皆様に楽しんで頂けるようなお祭りが開催できるようにしたいと思います。




2019年 8月19日 第22回シルバーピア加賀祭りのお知らせ

2019年8月24日 土曜日 午後5時から

第22回シルバーピア加賀祭り(納涼祭)を開催いたします。


ただいま、職員一同、ご利用者様と一緒になって、一生懸命に準備に取り掛かっております。


今年も例年のように、盛大なお祭りにしたいと思っています。

皆様のご参加をお待ちしております。




2019年 8月16日 夏野菜と言えばトマトです(園芸シリーズ5)

夏の野菜といえば、やはりトマトは欠かせません。見た目も味も大変良いですね。

こちらは、土を使わずに水と液体肥料のみで育てる「水耕栽培」のトマト達です。

シルバーピア加賀の施設長が、自作の道具一式を用意して、直々に育てております。

まるで、スポーツ選手のドーピングのように、反則的な勢いで育っています!

シルバーピア加賀のご利用者様だけでなく、愛誠病院にお見舞いに来た方や職員など、色々な人たちが時々トマトを収穫させてもらっています。

トマトの葉っぱや茎からは、野菜らしい力強い香りがするんですね。見て、触って、香って楽しめるというのは良いものです。

ちなみに、職員やご利用者様が収穫した野菜は、施設内(事務所前など)に飾り、皆様に見ていただいています!




2019年 7月16日 梅雨から夏へ 

近年は、豪雨に悩まされる年もあれば、空梅雨で水不足に悩まされる年もあり、梅雨らしさを感じることが少なくなりました。

しかし今年は、しとしとと長く雨が降り続き、梅雨明けが待ち遠しい日々です。

夏に向かって、七夕やスイカ割り、ピア祭などのイベントが目白押しとなっています。

一足早く夏の景色を飾って、夏の到着を楽しみにしています。





2019年 7月3日 保育園の子供たちとジャガイモを収穫しました(園芸シリーズ4)

今回の園芸シリーズは、じゃがいも収穫の最終段階のご報告です。

畑で育てていた方のじゃがいも達なのですが、シルバーピア加賀園芸部長ホソダの提案により、近くの保育園の子供たちに掘ってもらうことになりました。


都内で、しかも保育園から歩いて数分の場所でじゃがいも堀りができるなんて、なかなか面白い体験になったのではないでしょうか。

可愛い子供達がだんご虫に心奪われつつもじゃがいもを堀る姿を、シルバーピア加賀のご利用者様方も微笑ましくご覧になっていました!




2019年 6月29日 血管年齢検査&介護相談会を開催しました

2019年6月29日(土)に、血管年齢検査&介護相談会のイベントを開催しました。

地域にお住いの皆様に、ご自分の健康に対する関心を持っていただく機会を増やすことや、気軽に介護や医療などのご相談ができるきかっけをご提供することとを目的に、加賀五四自治会・老健シルバーピア加賀・愛誠病院の主催と、加賀みどり会の共催で行いました。

血管年齢検査(ABI・CAVI)とは、脈波計を付けて両手両足4か所の血圧を同時に測定し、脈の伝わり方等によって、動脈の硬さや動脈硬化の程度を調べる検査です。

検査を受けていただき、結果をもとに脈管専門医による個別の健康相談を行いました。

また、施設のケアマネージャー等による、介護相談のコーナーも設けて個別のご相談をお受けしました。

たくさんの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。少しでも、地域の皆様の健康維持に貢献できましたら幸いです。

大変好評につき、定期的な開催ができればと考えております。




2019年 6月20日 家族介護者教室を開催しました 

2019年6月20日(木)、シルバーピア加賀の在宅支援委員会の主催で、「排泄介助と上手なおむつの使い方」をテーマに、家族介護者教室を開催しました。

ユニ・チャーム(株)より、小笹先生を講師に迎え、介護を経験されているご家族様を中心に、訪問看護師やケアマネジャーといった在宅介護の支援に携わる職種の方にもご参加いただきました。


介護の場で使われることの多いおむつやパッドですが、選び方、装着方法、上手く使うコツなどの指導を受ける機会はなかなかないのが実情です。

そこで今回の教室では、実際のおむつやパッドを使用しての実験や、リハビリパンツを試着する体験を通して、オムツやパットを最大限に活かす方法を実践的に教えていただきました。また、パッケージに記載されている使用に関するポイントを、購入前によく読んで選ぶことの大切さなども学びました。


参加者の皆様からは「様々な種類があって驚いた」「具体的な機能の活かし方が分かった」等のご意見を頂きました。

今年は、秋ごろにもう一度、家族介護者教室を開催する予定です。次回の教室も、介護者の皆様の一助となれば幸いです。




2019年 6月12日 みんなでジャガイモを収穫しました(園芸シリーズ3)

植物を育ててみて分かったことがあります。

思っていた以上に植物の成長速度は速いです!(汗)

1か月おきの記事では、途中経過がだいぶ飛んでしまいますが…。私たちが大事に育てたジャガイモ達の立派に成長した姿をご覧ください!

畑での栽培と、プランターでの栽培に挑戦していましたが、プランターの方を収穫しました。

当施設のご利用者様に、プランターで育てたジャガイモを抜いて、収穫を楽しんで頂きました。苗の数が少ないため全員というわけにはいきませんでしたが、一部の利用者様には、水やりなどのお世話を一緒にして頂いていた事もあり、思い入れも深かったようです。

笑顔がたくさん見られました!

本当に大事に育てたかいがありました。喜んで頂けて、私たちもとてもうれしかったです。

こっそりと水やりをしてくれている有志以外のスタッフの方々にも、感謝です。

畑に植えたジャガイモは、まだたくさんありますので、そちらはまた後日収穫します。




2019年 6月 1日 機械浴槽が新しくなりました

6月1日より、本館1階お風呂の、機械浴槽が新しくなりました。

以前のものよりも性能が向上し、音声サポートが付き、送湯の自動停止機能や、扉が閉じる際の挟み込み確認のための一時停止機能などの安全装置を搭載しています。

これからも、ご利用者の皆様に安全・安心な入浴を提供できるよう、職員一同ガンバリます!





2019年 5月 8日 野菜を植えてみました(園芸シリーズ2)

園芸の続報です。

なるべく初心者でも簡単に作れる春の野菜を検討したところ、第一弾として、ジャガイモ、オクラ、ミニトマトに決定しました。

そして、種を植えて数日後。

ついに待望の芽が出てくれました!

左はジャガイモの芽で、右がオクラの芽です。

ジャガイモ オクラ

リハビリで屋外歩行訓練を行う際に、花壇の横を通りかかった時、園芸のコーナーについて説明すると、ご利用者の皆様になかなか良い反応をいただけています(お褒めの言葉や栽培方法のご指摘など)。

また、その他の良い傾向として、他部署のスタッフの中に気にかけてくれる人たちが現れ始めました。こういった事でも、横の繋がりが増えることで、全体の連携力の向上が期待できそうです!

野菜の成長過程を、ご利用者の皆様にも一緒に楽しんでいただけたら、リハビリテーションとしての園芸療法の一環にもなりますし、良いことづくめです。(決して、スタッフが食いしん坊なだけではないのです…!)




2019年 4月23日 有志スタッフによる園芸を始めました(園芸シリーズ1)

日差しの暖かい気持ちの良い季節になりましたね。

今月から、広報委員を中心に、ちょっとした施設の事などを、簡単なブログ形式でアップしていこうと思います。

昨年、シルバーピア加賀のお庭のお手入れをしてくれていたデイケアのスタッフが、定年退職となりました。その後、シルバーピア加賀の一部の花壇やプランターには雑草が生え、お恥ずかしながら、若干荒れつつある状態になってしまっていました。

そこで、リハビリ科ホソダの提案から始まり、一部のスタッフ有志にて、花壇の手入れをすることになりました。

植物を育てた経験はほとんどゼロのスタッフ達による、ドタバタ作業ですので、上手くいくかどうかは半信半疑ではありますが…。

まずは楽しんでやってみよう!
ということで、雑草抜きや、土づくりから始めてみました。

リハビリの歩行訓練などの際に通りかかると思いますので、ご利用者の皆様には、ビシバシと、ご指導をよろしくお願いします。

今後、シリーズでお伝えしていければと思っています。